1)文学データベース  presented by AKIRA CHIN's DATABASE


創作文学の部屋
  (AKIRA-CHIN)

創作小説・エッセーなどに、挿絵やBGMをつけて、絵本風にして楽しむページです。
もちろん、純文学も歓迎です。

創作文学に興味のある方のご意見ご感想を、お待ちしています。
投稿があれば、もっと嬉しいです。



連作小説「蛇の穴」シリーズ

バー「蛇の穴」に集まる、不思議な人たちのお話を集めました。 …

運命の手紙

「ふわふわ。り」さんの素敵なイラスト を見ていて、思いついたお話です。 絵本童話として、お楽…

極短小説集

極短小説は、短くても、4つの物語要素 (1)背景 (2)単数または複数のキャラクタ…

テングの童話シリーズ

1950年代、NHKラジオで放送されたラジオドラマの原稿です。 ドイツ童話を題材にした、若…

テングのコント・シリーズ


お好み文庫・ドイツ小説集

ドイツの中・短編小説の名作を集めた「お好み文庫」です。…


Google
サイト内 Web

>07)笛の音

すばらしい!…

神様との対話(仮題)1

舞台は、夕暮れの神社。 左側が、参道で、祭壇を横から見ている。 右三分の一が、暗い祭壇の地下の設定。…

>>運命の手紙

コメントありがとうございます。 いろいろな思いを、込めてはいるのですが、イラストの表現力が圧倒…

>>運命の手紙

コメントありがとうございます。 一枚の絵に、一つの短いお話を書くつもりだったのですが、全部が繋…

>運命の手紙

本当に今までとは全く違った感じですね。 挿絵も綺麗で...子供も楽しみながら大事な事を理解して…

>運命の手紙

これは驚きましたね。これまでの作風とかなり違いますね。 挿絵ともうまく合って、いい感じ。 しばらく書かぬ間に…

運命の手紙

「ふわふわ。り」さんの素敵なイラスト を見ていて、思いついたお話です。 絵本童話として、お楽…

運命の手紙5

この娘思いの父のお蔭で、私は、幼い娘に、辛い宣告をしなくてすんだのだった。 「あのもう一つの風船は、…

運命の手紙4

私は、少女を乗せて、馬場のある公園に行った。 「お父さんと乗馬に来た公園よ。今までで、一番嬉しかった…

運命の手紙3

「だれ?。また、おとうさん?」 「いやいや、残念ながら、違いますよ」 「おやおや、これは。かわいい…

運命の手紙2

運命を告げる人の家を訪ねていくには、風船が知らせてくれるので、道に迷うことは無い。 それでも、春先の強い風…

運命の手紙1

人は誰でも、手紙を受け取ったときは、嬉しくて早く読みたいという気持と、もしや悪い知らせではと、ドキドキ…

連作小説「蛇の穴」シリーズ

バー「蛇の穴」に集まる、不思議な人たちのお話を集めました。 …

ドイツ夜話

05/09/19>カアルとアンナ

「知られざる名作・二篇」ということで、「カアルとアンナ」と「ドイツ夜話」が、本になってい…

カアルとアンナ

ドイツの中・短編小説の名作を集めた「お好み文庫」です。 その第一作目が、ふしぎな男女の物語「カア…

お好み文庫・ドイツ小説集

ドイツの中・短編小説の名作を集めた「お好み文庫」です。…

ドイツ夜話-02

ミヒャエルは塔の中に住み、高い覗き孔から外界を眺めて、未来を夢見る。翌早朝、 仕事場へ。…

ドイツ夜話-01

        ドイツ夜話 …

終わりに

             解 説  レオンハルト・フランク(Leonha…
 

前の記事


にほんブログ村 本ブログへ  

© 2004-2013 Akira Chin (webmastermail@akira-chin.com)