4)知のデータベース  presented by AKIRA CHIN's DATABASE


ちょっと知的な書庫
  (AKIRA-CHIN)

日々の読書の記録ですが、文学作品以外の思索・思考のための本を集めています。


青柳いづみこ

青柳いづみこ(アオヤギイズミコ) ピアニスト・文筆家。 仏文学者・骨董収集家の青柳瑞…

池田晶子

池田晶子(イケダアキコ) 1960年生まれ。 慶応大学文学部哲学科卒業。専門用語によ…

酒井順子

酒井順子(サカイジュンコ) 1966年、東京生まれ。 高校在学中より雑誌にコ…

中島義道

中島義道(ナカジマヨシミチ) 1946年、福岡県生まれ。 東大教養学部並び…

米原万理

米原万里(ヨネハラマリ) ロシア語会議通訳、作家(1950ー2006)。 …


Google
サイト内 Web

月とメロン (丸谷才一 文春文庫)

発売日 2011/08 フレンチ・キスの普及はフランス内務省による陰謀である、という噂…

きみはぼくの(市川拓司 アルファポリス文庫)

発売日:2009年01月 ベストセラー作家初エッセイ!同級生だった妻との出会い…突然襲っ…

老嬢は今日も上機嫌(吉行和子 新潮文庫)

発売日:2011年02月 芸術家一家に生まれ育った女優・吉行和子。家族、友人、仕事、旅、本…

「美女と野獣」の野獣になる方法(水野敬也 文春文庫)

発売日:2010年10月10日 「金、ルックス、才能がなくても理想の女性を手に入れられる!」-…

水の音楽 オンディ-ヌとメリザンド(青柳いづみこ みすず書房)

発売日:2001年09月21日 誘う女と誘わない女?古来からの水の精のイメージ、文学・美術…

対談美酒について 人はなぜ酒を語るか (開高健 吉行淳之介 新潮文庫)

商品番号 NEOBK-503530 ISBN 9784101128122 ページ数 248 発売日 2008/08…

いい音 いい音楽 (五味康祐/著 中公文庫)

発売日 2010/12 作家・五味康祐のもう一つの顔は、音楽とオーディオの求道者であった。FM…

猿ぐつわがはずれた日(もたいまさこ:著、幻冬舎文庫)

そば、犬、タコ、お局、山岳、健康、前世についてなど。もたいまさこが個人生活に於ける感想などを…

ありがとう、さようなら(瀬尾まいこ:著、MF文庫)

嫌いな鯖を克服しようとがんばったり、走るのが苦手なのに駅伝大会に出場したり、生徒に結婚の心配をされたり…

案じるより団子汁(小林聡美:著、幻冬舎文庫)

理想の男性「ジョン・トラボルタ」、座右の銘「流れる水は腐らない」、節約「風呂の…

凛々乙女 (小林聡美:著、幻冬舎文庫)

一人で行ったファミリーレストランで星一徹と化し、ダイアナ妃とおそろいのババシャツ…

オンリー・ミー―私だけを(三谷幸喜:著、幻冬舎文庫)

東京サンシャインボーイズの脚本家として「12人の優しい日本人」などを世に送り出した…

マダムだもの(小林聡美:著、幻冬舎文庫)

オットのドタキャンでひとりで出かけた結婚記念旅行、夫婦で長生きのための地味な食事、生ゴ…

小川洋子対話集(小川洋子:著、幻冬舎文庫)

日ごろ孤独に仕事をしている著者が、詩人、翻訳家、ミュージシャン、スポーツ選手と語り合…

わたしのマトカ(片桐はいり:著、幻冬舎文庫)

北欧の国で出会ったのは薔薇色の頬をした温かい人たちだった。旅にまつわる名エッセイ。 発行年月:2…

東京100発ガール(小林聡美:著、幻冬舎文庫)

三十歳ともなれば、酸いも甘いもかみ分けたクールでイカしたオトナの女、のはずが、彼の誕生日に花ドロボ…

そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります(川上未映子:著、講談社文庫)

純文学会の気鋭として注目を集める著者は、一体何を感じ、見つめ、考えてきたのか。瑞々しい感性と卓越した…

ワタシは最高にツイている(小林聡美:著、幻冬舎文庫)

ささやかな出来事が簡単にシアワセにしてくれる。笑えて味わい深いエッセイ集。 発行年月:2010年02…

コメを選んだ日本の歴史(原田信男:著、文春新書)

イモ、雑穀、獣肉…。さまざまな食物のなかで、どうしてコメだけが聖なる地位を獲得できたのか。コメの…

音楽と文学の対位法(青柳いづみこ:著、中公文庫)

生誕200年のショパン、シューマン…。モノ書きピアニストが、6人の大作曲家…
 

前の記事


ブログランキング・にほんブログ村へ  

© 2004-2013 Akira Chin (webmastermail@akira-chin.com)