4)知のデータベース  presented by AKIRA CHIN's DATABASE


哲学の部屋
  (AKIRA-CHIN)

人生を、楽しく生きるための”知恵”について、考えます。


Google
サイト内 Web

アリスティッポスの快楽主義

ソクラテスの弟子の中に、アリスティッポスという人がいます。 赤貧を洗うがごとき生活をし…

”汝自身を知れ”談義

”汝自身を知れ”について、語り合います。…

>明治維新

実はあの書き込みは、最初、「謎ですね」のところに二行ほど別の文言が入っていたのです。それは始めと終わり…

明治維新

については、僕は詳しくは無いですが、日本の近代史を例えて言うなら、 「江戸幕府は、旧ソ連のように、…

>博物学者としてのシャミッソー

歴史に「たら」は無意味だとよく言われますが、「もしもフランス革命がなかったら」亡命フランス人…

博物学者としてのシャミッソー

>>> 十九世紀の博物学探検は、フランス、イギリスを中心に行われたが、ロシアでも…

>博物学者としてのシャミッソー

...とは知らなかったね。もともと彼はフランス貴族で、1789 の革命後に、財産没収されてドイ…

無知の知

>>> (ソクラテスは)自分は何も知らないというまさにそのことだけは別として、それ以外のことは何も知…

ブログランキング・にほんブログ村へ  

© 2004-2013 Akira Chin (webmastermail@akira-chin.com)